紅茶の国的トルコな生活。

紅茶の国の800年くらい歴史ある大学で1年間訪問研究者として生活してます。日本での勤務先はとんこつラーメンの国にあり、トルコなことやってる教育研究職なヒトのブログ。

大学植物園にいた君は…

住んでいる家からだ大学に行く途中に大学植物園(University Botanic Garden)があるのですが、その敷地のほうからガサガサと音がするので、目を向けたらちっちゃめの鹿がいました。
ケンブリッジでもケム川を越えて西のほうは緑が多くのこっていて、よくみかけるらしいですが、学生時代も東側の住宅街側にしか暮らしたことなかったので、かなり驚いちゃいました。リスとハリネズミは住宅街にもよくいるのですが…。

f:id:piedpiper:20191004113632j:plain
ホエジカ(Muntjac)という鹿の仲間だそうです。

すっかり日が沈むのが早くなりました。

秋分の日を過ぎて、すっかり日没が早くなってきています。朝夕はかなり冷え込んできているので、日本でまだ気温が30度超えてるニュースみるとびっくりします。曇って寒い日だと、暖房入っていないオフィスで仕事すると震えるくらいです…。風邪ひかないよう気をつけないと。

f:id:piedpiper:20191002190400j:plain
St. Catharine's College
f:id:piedpiper:20191002190555j:plain
Corpus Christi College

ケンブリッジでとんこつラーメン

前から気になっていたとんこつラーメンを出すという日本食レストランに行ってきました。注文はもちろんとんこつラーメン。

f:id:piedpiper:20190923144642j:plain

麺は細めでしたが、長浜ラーメンみたいな麺とはちがっていました。(当たり前化もしれないけど、)バリカタとか替え玉という概念もない感じです。味は一言でいうと、学食なんかで出されるラーメンに近い感じでしょうか。でも、それで日本で食べられるものの値段の2倍から3倍する値段を考えると、コスパはちょっと…。

f:id:piedpiper:20190923145232j:plain

日本での拠点(住まい&勤務先)はとんこつラーメンの国です。生まれ育った場所ではないので、そんなにとんこつラーメンにこだわりがあるわけではなかったのですが、やっぱり日本で食べてたとんこつラーメンは、(慣れもあって)おいしかったと改めて思いました。

トルコでの一か月(その5)~トルコアイス

トルコでの一か月は、真夏の時期。一番暑いのは7月から8月中旬くらいまでとよく言われているので、少しづつ涼しくなる時期ではあったのですが、一日中出歩いた後にアイスクリーム(と炭酸水)をいただくと、幸せになれました。

f:id:piedpiper:20190820144714j:plain
幸せになる瞬間
地中海地方は暑いからか、街を歩くと自家製アイスを売るアイスクリーム屋さんやカフェをけっこう見かけます。また、地震で沈んだ遺跡で有名なケコヴァのカレという村では、どこのカフェに行っても、売りは自家製アイス。お店共通の定番の味もあったり、そのお店独自の味もあったり、さまざまです。
f:id:piedpiper:20190912111251j:plainf:id:piedpiper:20190912132004j:plainf:id:piedpiper:20190912152827j:plain
カレ村のカフェの自家製アイスのみなさん。元祖はAnkh Cafeだそうです
さて、トルコ語でアイスクリームはドンドゥルマ(dondurma)といいます。日本でトルコアイスというと、テレビでよく出てくるのは粘りがあってぐーんと伸びるアイスです。アイスクリームの粘り気を利用して売り子のお兄さんがお客さんをからかった利してる動画もよくありますね。この手のアイスは、カフラマンマラシュという町が発祥のため、「マラシュのドンドゥルマ」と呼ばれています。
www.youtube.com
でも、トルコアイスといっても、そういう粘り気があって伸びるタイプばかりではないみたいで、ケコヴァのカレ村のアイスクリームも含めて、今回の滞在で見かけた自家製アイスはそんなに粘り気はありません。山羊のミルク使って、クリーミーな食感のアイスクリームが中心でした。
f:id:piedpiper:20190825121703j:plainf:id:piedpiper:20190905135017j:plain
自家製の伸びないトルコアイス
むしろ、「マラシュのドンドゥルマ」は、それを売りにするお店が別にできていて、粘り気のある伸びるアイスはカフラマンマラシュの名物という位置づけなのがわかります。また、外国人観光客が多いところでは、イタリアンジェラートを売りにするお店なんかもありました。
f:id:piedpiper:20190915174950j:plain
イタリアンジェラートを売りにしてたお店のアイス(ジェラート?)

トルコで一か月(その4)~トルコなネコ様

トルコ(に限らず、ギリシャや地中海の国々)といえば、ネコさま。街を歩けば、ネコさまがたくさんゴロゴロしています。おみやげ物にネコをあしらったグッズも多いですし、文化観光省の宣伝でもmeow。すっかり観光資源になっています。
www.youtube.com
今回の滞在でも、LINEスタンプの「おはぎ」みたいなネコ様を始め、たくさんのネコ様に出会えました。

f:id:piedpiper:20190819164304j:plain
リアルな「おはぎ」
f:id:piedpiper:20190819164419j:plainf:id:piedpiper:20190819164545j:plainf:id:piedpiper:20190905170328j:plainf:id:piedpiper:20190915093812j:plainf:id:piedpiper:20190906110013j:plainf:id:piedpiper:20190915163350j:plainf:id:piedpiper:20190915165321j:plain
街角でごろごろしていたネコさまたち。
f:id:piedpiper:20190913141552j:plainf:id:piedpiper:20190911055904j:plain
時節柄、子ネコさまもよく見かけました。
f:id:piedpiper:20190827160514j:plain
人のおなかをクッションと思ってる子ネコさま

戻ってきたら、秋の気配

予想していたことではありますが、トルコから戻ってきたら、ケンブリッジはすっかり秋の気配でした。新年度ということで、新入生が引っ越してくる姿も見受けられます。来月にはミケルマス(Michaelmas)学期の始まりです*1

f:id:piedpiper:20190921104408j:plainf:id:piedpiper:20190921104441j:plainf:id:piedpiper:20190921105043j:plain
空がすっかり秋の空…。

*1:英国の大学は3学期制です。ケンブリッジ大学の場合、秋学期はMichaelmas、冬学期はLent、春学期はEasterという名前がついています。