トルコな生活。ver.2.0

とんこつラーメンの国に生息している今は一応教育研究職なヒトのブログ。

名もなき毒 (文春文庫)

名もなき毒 (文春文庫)

  • 「誰か Somebody」の続編というか、同じ人が主人公。この小説で扱われている「毒」というのは、この世のヒトビトの間にうずまく「悪意」「嫉妬」とか言った感じで形容されたり、ヒトの考え方を悪い方向にもっていったりするものなのかなと。コントロールできなくなったときにとんでもないことになるというか。
  • 久しぶりに読書した感じなのがダメねー。もっといろんな本を読まないと。特にお仕事関係で。